不動産投資のメリットとデメリットとは何か

不動産投資のメリットとデメリットについて考えていきます。
まずはメリットの方から先に考えていくことにします。
不動産投資のメリットはいくつかあります。
1つ目は、安定して収益を確保できるということです。
例えば、アパート又はマンションを借主に貸せば、だいたい1年から2年単位で収益を安定的に得られます。
また、賃料相場は株や為替などと比べても安定していますので、より堅実な投資だと言えます。
2つ目のメリットは、安定した利益が確保できるという前提があることで、将来の私的年金になるということです。
現在の日本は、公的年金がしっかり貰えるかどうか不安な状況ですので、私的年金として最適です。
では、逆に不動産投資のデメリットは何かと言いますと、それは空き室リスクがあるということです。
入居者がいる間はずっと安定した収益が望めますが、入居者がいなければ収益を得る手立てがなくなりますので、そうした空き室リスクが不動産投資にはあります。