富裕層でもない人がどうやって不動産投資を行うのか

かつて、不動産投資は富裕層が行うものとして考えられていました。
普通のサラリーマンができることではないと言うのが常識とされていたのです。
しかし、現在では普通のサラリーマンが不動産投資を始めることが多くなってきました。
富裕層でもない人がどうやって不動産投資を行うのでしょうか。
今後のために知りたいと言う人は多いでしょう。
富裕層の場合、新築マンションなどを建てて家賃収入を得ることがほとんどです。
普通のサラリーマンの場合は、新築マンションを建てると言うことはほとんどありません。
そんなお金もないですし、ローンを組むにしてもリスクが大きいからです。
なので、中古の安い物件を買います。
それを自分でリフォームして、売ったり貸し出したりして利益を上げるわけです。
私は50万円前後の中古の一戸建てを購入し、それを売却して利益を上げる手法でセミリタイアを実現しました。
お金がなくても工夫次第で大きな利益を上げることはできます。